ハイスクールではカラダを豊か切り回す部活にしようかと考えていたうち

あたしが、学生時代に集中になったことは、部活だ。中学生年代残り体を動かしていなかったので、高校生ではボディを多数移す部活にしようかと考えていた位、一つ名工になる幼馴染から、吹奏楽部に入らない?と誘われたのです。期待がなかったわけではなかったので観戦に行ったところ、頭数は少ないものの嬉しいと思い、バスケットボール部を終わり、吹奏楽部に決めたのです。
初めての楽器だ。どの楽器にするかは楽器を見て雰囲気で決め、最初はコルネットと言ってトランペットの小ぶりの楽器がかわいくて、選んだもののマウスピースが小さく過ぎて調もかなり出ずあきらめました。男子が先日マーチングバンドでクラリネットを通していたことを分かり、クラリネットを吹いてみることにしました。随分宜しい調だったので、クラリネットに決めました。ピヤピヤと不愉快調が出るお天道様が続きましたが、吹いていると楽しくてセミナーの部活で練習し、週末は我が家に持ち帰って練習し何度も繰り返しました。クラダコと言って右側親指にタコを創り、下唇は皮がむけでも吹きました。高2の吹奏楽コンクールでは小システムの部で銀賞を受賞しキャリアに残る部活でした。おすすめはこちら!