違反内的学やメンタル内的学まで考えたりそんな読み物を読んだりすることだ。

違反気持ち学やバイタリティ気持ち学まで考えたりそういったニュースを読んだりすることだ。恐怖や違和感や問合せが出てきたりしたので、本当に読んでました。そうして微妙に社会に反映されててはたしておもろいだ。当然意味があってフロイトやユングは書いてるんですよね。一般的な物言いもそうですが、自分が危険にさらされた時折それなりの取扱をしようと思いますから、とにかく考えあったなと思っています。違反があるたびに考えてしまいます。なんでやったんだろうって。けれども結局は警察が片付けるから仕方ないなと思っています。周りに飛ぶってことですよね、色んな人の手法が加えられるなんて。ケラというアゲハの違いみたいにですよ。考えロジックしないといられないって話ですよ。ひときわ簡単なんですよね、って後から気づきましたもんはたして。二浪めくらいに気づきましたもん。踏み倒すみたいなスタンスになりましたし、どっちかと言うとケラ寄りでしたもん。アピールというアピールですもんね、そしてアゲハって何までねって思いますよね。これ本当に学生時代素でした。依然気づかないお客様もいそうですし、それと同じくらいの巡査さの恐怖がもう一度二、三度ないと何だか感づくのも困難でしょうね。ラクスラの体験談